1. ホーム
  2. >
  3. standard 〜組織の統治〜

  • 組織の統治


    Oranizational Governance


  • 高い倫理観に基づいて行動することにより社会から信頼される企業であり続けます

  • アオイネオンの従業員全員が共通の価値・行動の基準で業務を遂行できるよう「倫理綱領(コンプライアンス)」を制定しています

    全ての事業所において専任技術者を配置し、事業に必要な許可を取得しています

    『情報セキュリティ基本方針』のもと、情報資産保護・管理強化に取り組んでいます

    朝礼、月例報告会、方針発表会など定期的に事業の状態や方向性を従業員と共有する



コンプライアンス方針に基づく企業活動の推進

    コンプライアンス方針(2004年12月制定)

  • ①法令・ルールを守り、地域社会に貢献しよう

    私たちは顧客、取引先、株主等を含む幅広い社会との健全で良好な関係を維持するとともに法令や社会的規範社会的良識に基づいた企業活動を行い、地域社会発展の一翼を担います。

  • ②お客様に喜ばれる努力をしよう

    私たちはお客様がサインに期待する情報伝達機能を確実に果たすとともに、お客様が安心して掲出を続けられる安全性、耐久性の確保を実現します。

  • ③みんなで創ろう笑顔のある職場

    私たちはすべての人々の人権を尊重します。また一人ひとりが互いに信頼できる健全な職場環境をつくります。

  • ④一人ひとりの心がけ健康づくり安全作業

    私たちは社員一人ひとりが心身ともに健康で、安全に働くことができる、事故や災害のない職場づくりを目指します。


「企業倫理に関する方針」「行動規範」の制定

当社では2005年に「コンプライアンス方針」を制定し公正かつ適切な経営を実現し、企業市民として社会的責任を果たすことに取り組んできました。また、コンプライアンスの徹底には、一人ひとりが、自らの行動をコンプライアンスの観点から確認して、業務に取り組むことが必要です。CSR委員会を中心に論議を重ね、行動規範を定めた「倫理綱領」を作成し全従業員に配布するとともに教育を実施し、CSR経営の重要性と、その土台となるコンプライアンス意識の浸透を図りました。


社内体制

1.CSR委員会:社内へのCSR取り組み方針や施策などの浸透を図るとともに、CSRへの取り組みに関する企画立案、関係部署への提言、計画の進捗管理、CSR関連情報の収集と社内外への情報発信などを行う。

2.コンプライアンス委員会:コンプライアンス体制の構築、方針の維持・管理を行う。法令遵守状況の定期的なモニターと法令遵守施策の審義、諸問題に対する部門横断的な観点での検証、社員に対する教育、啓蒙活動を行う。

3.ISO委員会:環境・品質・情報の3部門からなり、ISOマネジメントシステムの方針及び目標の維持・管理を行う。


経営方針発表会

アオイネン経営方針と中長期の戦略への取組みについて全従業員が共通の認識を持てるように毎年、経営方針発表会を開催しています。

    静岡本社



CSR委員会

CSRを推進する組織としてCSR委員会を設置しています。CSRの目標と計画について全社横断的に連携をとるため、東京・静岡・大阪・福岡の各事業所より選抜されたCSR委員が中心となり、計画の策定から進捗管理まで主体的に動ける体制を構築しています。

    TV会議による4事業所でのCSR委員会



報告・相談への対応の流れ

コンプライアンス責任者、各部門長は、適宜、社員からの相談に応じ、適切なアドバイスを与える。また、倫理綱領や各種法令遵守から逸脱する行為があるとの報告を受けた場合、以下により対応する。